選び方・保存方法

青い柚子は食べられる?おいしい食べ方7選と正しい保存方法を調査

青い柚子は食べられるのか

青い柚子は熟す前に収穫される柚子ですが、青い柚子は食べられるのでしょうか?

結論を言うと青い柚子は食べられます^^

黄色い柚子より酸味にキレがあり、そのままでは酸味が強すぎて食べることは難しいのですが、お菓子や飲み物、調味料のアクセントなどいろいろな使い方があります。

ここでは、青い柚子のおいしい食べ方7選と正しい保存方法を紹介します。

 

青い柚子のおいしい食べ方7選(レシピ)

青い柚子は食べられるのか2
ここでは、青い柚子のおいしい食べ方を7つ紹介します。

ゆみ
ゆみ
少ない材料で手軽にできるレシピや、青い柚子ならではの爽やかさを堪能できる調味料は絶品です!

一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

①青柚子 お菓子(青柚子のパウンドケーキ)

材料
・青柚子…1個
・卵…2個
・バター…90g
・砂糖…90g
・薄力粉…90g
・ベーキングパウダー…5g

作り方
1、オーブンは180度に余熱をしておきます。
2、青柚子は皮をすりおろし、果汁は搾っておき、小麦粉はベーキングパウダーと一緒にふるいかけます。
3、バターをレンジにかけて柔らかくし、ボールに入れて砂糖を入れて泡立て器やハンドミキサーで泡立て、さらに砂糖を数回に分け入れて泡立て、粉と柚子の皮、果汁を加え
ゴムベラなどで全体をしっかりとかき混ぜます。
4、型にシートを敷いて3を入れ、オーブンで40分焼くと完成です。

 

②青い柚子のジャム

材料
・青柚子…4個
・砂糖…150g

作り方
1、柚子は皮をきれいに水洗いし、皮を剥き、白いワタの部分を削ぎ落して千切りにし、果汁は搾っておきます。
種はとってお茶パックに入れておきます。
2、鍋に水と青柚子の皮を入れ、中火にかけて茹でこぼしをします。
これを3回ほど繰り返して水気を切ります。
4、鍋に青柚子の皮と果汁、お茶パックに入れた種、水を100mlほど入れ、強火で熱して沸騰したら中火にして焦げつかないように混ぜながら煮詰めます。
5、15分~20分ほど煮詰めてとろみが出てきたらお茶パックに入れた種をとって完成です。

 

③青柚子のはちみつ漬け

材料
・青柚子…200g
・はちみつ…150g

作り方
1、青柚子は水洗いをした後にしっかりと水気を拭き取り、ヘタを取り除いて薄くスライスします。
2、青柚子を隙間がないように瓶に詰めます。
3、2にはちみつを入れ、なじませてから冷蔵庫に入れて保存します。
※均等に漬かるように1日に1回清潔なスプーンで混ぜます。
1週間ほど漬けると完成です。

はちみつがない場合は砂糖でも漬けることができます。

砂糖で漬ける場合は砂糖の量は青柚子と同量にしましょう。

 

④青柚子茶

材料
・青柚子…4個
・砂糖…青柚子の皮の重さの70%
・蜂蜜…適量

作り方
1、青柚子を半分にカットし果汁を搾ります。
2、皮は白いワタの部分を取り除いて重さを量り、グラニュー糖を準備し(皮の重さの70%)、果汁に混ぜます。
3、青柚子の皮を千切りにし、水に入れて火にかけます。
沸騰したら一度お湯を捨ててさらに水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして10分ほど茹で、ザルにあげて冷水に浸して荒熱を取ります。
4、2に3を加え、火にかけます。
沸騰したら弱火にして10分ほど煮ると完成です。

 

甘さが足りないときははちみつを加えましょう。

青柚子の苦みが気になるときは、もう1度茹でこぼしをすると苦みが緩和されますが、茹ですぎると青柚子の風味や香りが失われるので注意が必要です。

 

⑤青柚子塩

材料
・青柚子…4個
・塩…20g(青柚子の10%)

作り方
1、青柚子はきれいに水洗いし、キッチンペーパーなどで水気を拭き取りよく乾かして下ヘタを取り、適度な大きさにカットし種を取ります。
2、カットとした青柚子と塩をフードプロセッサーにかけ、途中で塩を加えてさらに撹拌します。
3、瓶に詰めて常温で置いておくと熟成されまろやかな味になりるので、好みの味に仕上ると完成です。

 

⑥青柚子味噌

材料
・青柚子…5個
・味噌…200g
・砂糖…200g
・みりん…大さじ2

作り方
1、青柚子をきれいに水洗いし、皮の表面をすりおろし、果汁は搾っておきます。
2、味噌、砂糖、みりん、果汁を鍋に入れて混ぜ、火にかけ、焦がさないように練りながら煮詰めていきます。
3、煮詰まってきたらすりおろした皮を加え、とろりとしてきたら火を止めて完成です。

 

⑦青柚子ポン酢

材料
・青柚子…200ml
・醤油…200ml
・みりん…40cc
・鰹節…適量
・昆布…10㎝ほど

作り方
1、柚子を半分にカットし果汁を搾り、醤油を加えます。
2、2をボウルや瓶に入れ、鰹節と昆布を入れて1日~2日寝かします。
3、鰹節と昆布を取り出すと完成です。

瓶に入れて冷暗所で2週間ほど寝かせるとまろやかになります。

 

青い柚子の正しい保存方法

青い柚子は食べられるのか1

青い柚子を常温で保存する方法

青い柚子は常温で1週間ほど保存が可能です。

ゆみ
ゆみ
気温が低い季節であれば2週間程度保存できるようですが、せっかくの良い香りが弱くなってしまうので、注意してください!

青い柚子はそのまま保存をすると乾燥してしまうので、乾燥を防ぐために新聞紙で包んで保存すると良い状態を維持することができます。

気温が高い季節は常温での保存は難しいので、なるべく早めに冷蔵庫に入れましょう。

 

青い柚子を冷蔵庫で保存する方法

青い柚子を冷蔵庫で保存をすると2週間ほど保存が可能です。

青い柚子を冷蔵庫で保存をするときは、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

ゆみ
ゆみ
冷蔵庫に入れても、長く保存すると香りが弱くなってしまうので、なるべく早めに使いきるのがおすすめです。

 

青い柚子を長期保存する時は冷凍がおすすめ

青い柚子を長期間保存をしたいときは、冷凍保存をおすすめします。

冷凍保存をすると1ヵ月から2ヵ月ほど保存が可能です。

青い柚子を冷凍保存するときは、丸ごと保存する方法と、皮と果肉に分けて保存する方法があります。

青い柚子を丸ごと保存するときは
ぬるま湯できれいに洗った後にしっかりと水分を拭き取り、保存袋に入れて保存をします。

青い柚子に水分が残っていると霜がついて風味が落ちてしまうので、水分はしっかりと拭き取ってから保存することがポイントです。

皮と果肉に分けて保存をするとき
皮は縦剥きに削いでラップでしっかりと包んでから保存袋に入れて保存します。

果実は、横半分にカットしてラップに包んでから保存袋に入れて保存します。

 

解凍するときに電子レンジを使うと香りが損なわれるので、なるべく自然解凍することをおすすめします。

青い柚子は食べられるのか3
柚子を瓶や密閉容器に入れて保存するときは、事前に保存容器を煮沸消毒などで清潔な状態にしておくと、良い状態でより長く保存することができます。

ゆみ
ゆみ
ひと手間かかりますが、長く楽しむために心がけてみてくださいね^^