選び方・保存方法

レンコンの消費期限はどれくらい?茶色でも食べられる?長持ちさせる正しい保存方法も調査!

蓮根 消費期限4

れんこんは根菜なので日持ちがするイメージがあります。

でも、冷蔵庫に入れているといつの間にか変色していた!ということがありませんか。

れんこんの消費期限はだいたいどれくらいなのでしょう。茶色に変色しても食べられるのでしょうか。

れんこんを長持ちさせる正しい保存方法も調査しましたので、あわせて紹介します!

 

レンコンの消費期限はどれくらい?正しい保存方法とは

レンコン 消費期限1
蓮根は気温が低い季節であれば常温で保存することができます。しかし、室温が25度以上になると常温で保存をすることはできません

そのため、気温の高い夏は冷蔵庫での保存をおすすめします。

ゆみ
ゆみ
保存方法によりレンコンの消費期限が変わるので、【常温・冷蔵・冷凍保存別】に紹介していきます♪

 

れんこんの消費期限<常温保存の場合>

蓮根を常温で保存するときは、カットせず、泥がついているときは泥がついたままの状態で保存したほうが長持ちします

れんこんは、乾燥に弱いという特徴があるので、保存をするときは、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーなどでれんこんを包み、袋に入れてから風通しがよく、なるべく涼しく暗い場所で保存します。

袋の口を閉めるときに空気を多めに入ると乾燥を防ぐことができます。

ゆみ
ゆみ
れんこんは湿地で育ち、地中の蓮の根の部分なので、光と乾燥に弱いという特徴があります。

乾燥をしっかりと防ぎ、なるべく光の当たらない暗く涼しい場所で保存をすることがポイントです。

この方法での消費期限は5日~1週間ほどです。

気温が高い時期はなるべく早めに使い切るか冷蔵庫に入れたほうがよいでしょう。

 

れんこんの消費期限<冷蔵保存の場合>

れんこんを冷蔵保存をするときは、湿らせたキッチンペーパーで包み、袋に入れて保存します。

泥がついているものは、そのまま新聞紙で包み、袋に入れて保存します。

長いものは節のところでカットして一節ずつ包んで保存しましょう。

ゆみ
ゆみ
カットしたれんこんを保存するときは、切り口が空気に触れると酸化してしまうので、切り口をしっかりとラップで包んでから袋に入れて野菜室で保存します。
丸ごと1本を冷蔵保存するときの消費期限は10日ほどですが、カットしたれんこんの消費期限は3日ほどになります。

 

れんこんの消費期限<冷凍保存の場合>

れんこんを長い期間保存したいと思ったときは、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存する場合の消費期限は約1ヵ月ほどです。

冷凍すると食感が損なわれる野菜が多いのですが、れんこんはシャキシャキした食感が残りやすいので冷凍におすすめです。すぐに使わないときは早めに冷凍庫で保存しましょう。

れんこんを丸ごと冷凍するときは、きれいに洗って皮を剥き、縦半分にカットしてからラップに包み、冷凍用の保存袋に入れて保存します。

縦半分にカットしておくと冷凍されるまでの時間が短縮されるので、食感も変わりにくくなります。

ゆみ
ゆみ
冷凍したれんこんは、解凍はせずにそのまま加熱するとシャキシャキした食感が残り美味しく調理することができます。

 

レンコンは茶色でも食べられる?変色を防ぐ保存方法とは?

レンコン 消費期限2
れんこんはそのまま保存していると茶色や黒っぽく変色してしまうことがありますが、茶色になったレンコンは食べられます

れんこんの変色を防いで白いまま保存したいときは、れんこんを酢水につけるという方法があります。

酢水は、水2カップに酢は小さじ1程度を目安にし、その中にれんこんを2~3分つけておくと変色を防ぐことができます。

 

こちらも便利!レンコンの保存方法

れんこん 消費期限3

<れんこんの保存方法>薄切りにして冷凍

れんこんは薄切りにしてから冷凍すると、そのまま料理に使うことができるので便利です。

薄切りは特に使い勝手がよいので、どのようにカットするか迷ったときは薄切りをおすすめします。

れんこんを薄切りにして冷凍するときは、れんこんを使いやすい大きさに薄切りにし、酢水に2~3分ほどつけます。

酢水からあげたれんこんはキッチンペーパーなどでしっかりと水気を切り、冷凍用保存袋に入れてすぐに冷凍します。

 

<れんこんの保存方法>乱切りにして冷凍

煮物や炒め物などにれんこんを利用したいと思ったときは、れんこんを乱切りにして冷凍しておくと便利です。

れんこんを乱切りにして冷凍するときの保存方法は、薄切りで冷凍するときの保存方法と同じです。

 

<れんこんの保存方法>みじん切りにして冷凍

れんこんをカットして保存するときは、薄切りや乱切りにすることが多いのですが、れんこんはみじん切りにして冷凍するという方法もあります。

みじん切りにしたれんこんは、ハンバーグやつくねに入れるとシャキシャキした食感を楽しむことができます。

また、れんこんはすりおろして保存することも可能です。すりおろしたれんこんもハンバーグなどに使うことができます。

 

<れんこんの保存方法>水に入れて保存

れんこんをきれいに洗って皮を剥き、フタのある容器に水を入れ、その中にれんこんを入れて冷蔵庫で保存をすると2~3週間ほど保存が可能になります。

そのまま冷蔵庫で保存をするより長い期間保存が可能になりますが、れんこんは水に漬けておくとビタミンCが水に流れてしまうので、なるべく早めに使い切ることを心掛けておきましょう。

れんこんを漬ける水はなるべく1~2日おきに交換しましょう。

 

<れんこんの保存方法>下茹でしてから保存

レンコンを冷凍保存するときは、下茹でをしておくとすぐに使うことができるので便利に利用できます。

れんこんの下茹でをするときは、食べやすい大きさにカットし、軽く1~2分ほど茹でます。

変色を防ぎ白いままで保存したいときは、酢水で茹でましょう

茹でたレンコンは、キッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取り、冷凍用保存袋で保存します。

ゆみ
ゆみ
このように、れんこんはいろいろな方法で保存できます。

用途に合わせた保存方法で最後までおいしく食べましょう^^

▼こちらの記事もおすすめです▼

れんこんの穴
れんこんの穴が黒いのは泥?汚れ?レンコンが腐るとどうなる?れんこんの穴は先を見通せることから見通しがきく縁起物としておせち料理にもよく使用されます。 縁起物とされてはいますが、れんこんの穴...