春の野菜

刻みネギの消費期限・日持はどのくらい?スーパーの刻みネギは冷凍保存できる?

刻みネギ 消費期限2

刻みネギは、お吸い物や麺類、鍋物の薬味として活用される方も多いのではないでしょうか。

いろいろな料理に活用できる刻みネギですが、一度に少量しか使用しないことも多いので、余らせていつの間にか腐っていたということも少なくはないですよね。

ここでは刻みネギの消費期限や日持ちはどれくらいなのか、スーパーで買ってきた刻みネギは冷凍できるのかを解説していきます。

 

刻みネギの消費期限は1日?

刻みネギ 消費期限1
刻みネギの消費期限はどれくらいなのでしょうか。

スーパーなどで予めカットされている刻みネギは、加工されているので消費期限が記載されています。

ゆみ
ゆみ
加工されている刻みネギは、使いかけると雑菌が繁殖し、食中毒の原因になることがあります!

消費期限を1日過ぎただけでも腹痛などが起こることがあるので注意が必要です。消費期限内になるべく早めに使い切ることを心掛けておきましょう。

 

刻みネギの日持ちと保存方法

加工された刻みネギは消費期限が記載されているので、期限内に使い切ることを心掛けておかなければいけません。

刻みネギは傷みやすいので、寒い時期でも冷蔵や冷凍で保存をしましょう。

1本丸ごと買ってきたネギを自分で刻んで保存をするときは、冷蔵庫で上手に保存をすると1週間~2週間ほど保存が可能です。

冷凍保存すると1ヵ月ほど保存が可能なので、長期間保存をしたいときは冷凍保存をおすすめします。

 

刻みネギは冷蔵庫で何日保存できる?

刻みネギ 消費期限2
刻みネギを冷蔵庫で保存するときは、しっかりと水気をとり、保存容器にキッチンペーパーを敷いた上に刻みネギを入れて保存します。

この方法で保存をすると刻みネギは冷蔵庫で1週間~2週間ほど保存が可能です。

ゆみ
ゆみ
水気が残っていると傷みが早くなるので、水気をしっかりとり、キッチンペーパーは毎日交換することが上手に保存するポイントです。

ネギをカットするときに包丁やまな板の水気を拭き取っておくと水切りも楽になり、ねぎもくっつかず切りやすくなります。

 

刻みネギは冷凍保存がおすすめ

刻みネギ 消費期限3
より長く刻みネギを保存したいときは、冷凍保存がおすすめです。

刻みネギを冷凍保存するときは、冷蔵庫で保存するときと同じように水気をしっかりととっておくことがポイントです。

刻みネギは冷凍用の保存袋や密閉容器に入れて保存をします。

ゆみ
ゆみ
保存袋に入れるときは、なるべく空気が入らないように空気を抜いてから口を閉じます。

密閉容器もなるべく空気が入らないように保存する刻みネギの分量に合う大きさの容器を選びましょう。

この方法で保存をすると1ヵ月ほど保存が可能です。

 

 

パラパラの状態で冷凍保存したい時は

刻みネギを冷凍するとくっついて固まってしまうので、使うときに使いにくいということがあります。

パラパラの状態で保存したいときは、刻みネギを冷凍庫に入れて1時間ほど経ったら一度取り出し、保存袋で保存をしているときは、袋の上から軽くもみほぐします。

容器に入れて保存をしているときは、容器を振って刻みネギをほぐします。

同じことを2回~3回ほど繰り返せばパラパラな状態で刻むネギを冷凍保存することができます。

この作業を行う時間がないときは、キッチンペーパーの上になるべく平になるように刻みネギを置いて冷凍し、途中でキッチンペーパーをとると塊になるのを防ぐことができます。

 

スーパー、市販の刻みネギは冷凍できる?

スーパーや市販の刻みネギを冷凍保存するときは、袋に入っているものは冷凍用の保存袋に移し替えてから保存をします。

ゆみ
ゆみ
袋に入っているものは口が開いていると霜がついて水っぽくなってしまうので、しっかりと口が閉まるジッパー付きの保存袋に移し替えましょう。

プラスティックの容器に入ったものも刻みネギの量に合った密閉容器に移し替えて保存をしたほうがよいでしょう。

冷凍した刻みネギは、解凍せずにそのまま使うことができます。

解凍すると水気が出てしまい、臭いが出ることもあるので、なるべく凍ったまま使用することをおすすめします。